立体図形を展開したり、断面図を描くことは中学受験だけでなく、

高校受験時にも出題されます。

イメージで立体を浮かべて操作する事ができる場合、

簡単に正解にたどり着ける様な出題であっても、

この様な操作を苦手とする子も多いです。

 

アイ教では、立体図形のイメージを作る際に、

上から見た図、正面から見た図、右から見た図と、

三方向から捉え、立体を平面化して捉える学習を奨めてています。

ダイス状のブロックを積み上げ見えている状態を転記することで、

難問に思える問題であっても切り分けて考える習慣が身についていきます。

 

堀越